プロフィールと実績
みなさんと、いのち・暮らし・まちを守り16年

〇子どもの医療費助成の拡充へ
今年の9月から1ケ月の自己負担が半額の1500円になります。

〇子どものいる世帯からの国保証の取りあげをやめさせました
子供が重い病気なのに病院に行けない、風邪をひいても生姜汁だけを飲ませていた家庭がありました。事情をうかがうと、国保料が滞納で保険証が未交付となり、医療は全額自己負担になっているとのこと。国保料の滞納があっても子どもには責任がないのに病院に行けないのは問題だと議会で取り上げてきました。

〇西高瀬川の水量が増えました
大雨が降るたびに汚水があふれ臭くなる西高瀬川の改善を高橋昭三元府議から引き継ぎ、地元の要望を京都府に届け続けてきました。ようやく天神川から西高瀬川にポンプアップされ、一定の水量が増えました。

〇下京に3つ目の特養ホームが建設されました
下京区は高齢化率の高いまちなのに特養ホームへの入所が困難な状況が続いています。そのもとで、下京高齢者福祉をよくする会のみなさんと粘り強く、「区内に3つ目の特養ホーム建設を」と署名活動などに取り組んだ結果です。

プロフィールNishiwaki Ikuko
1957年生まれ
府議4期、府民生活・厚生、総務・警察、文化・教育などの常任委員を歴任。
佛教大学社会福祉学科卒業。
立命大生協・障害者共同作業所・あらぐさ保育園勤務。
家族:夫と息子2人・ネコ1匹

OFFへ

OFFへ